雨でもへこたれない加工処理は大事

のぼりで狙える宣伝効果のぼりは外に置くことも多いですから、雨に濡れることは多いです。1回ごとに雨が降れば中に入れることも良いのですが、そうはいかないことも多々あります。

つまりのぼり旗にとって重要なのが、水分や湿気に強いことです。すぐに傷んでしまっては買い換えなくてはなりませんし、いつまでも水が重く含んだ状態では、旗が見えずにアピールにならないでしょう。

のぼりに飴対策の効果は高い方が長くきれいに使えて、見た目もきれいに保つことができます。

のぼり旗の清潔感
最近は多くののぼりの生地で撥水加工はして有ります。

しかし、使ううちにだんだんと効果が薄れてきたり、ごく表面上だけの加工のケースは多いです。
ですから、意外とすぐに使えなくなってしまうこともあります。

のぼりには表面上だけではなく、生地そのものにも雨に強いことが求められます。
そこで注目が撥水トロマット生地です。高い効力を持ち、洗濯をしてもパワーが保たれるという嬉しい機能です。

これなら外に置くときでも安心ですし、さらに洗えるのできれいに保ちやすいメリットもあります。
水分が玉のようになって弾くので、振りほどきやすいですし水のシミにもなりにくいというメリットもあります。

京都のれんでも扱う撥水トロマット生地ののぼり

のぼりの老舗である京都のれんでも、実用性が高くて要望の多い撥水トロマット生地を扱っています。
この生地を使って希望の文字やカラーで作成しますので、特に制限が多くなることはありません。

自分の好みのデザインをできるだけ表現できるように相談にのってくれます。
しかも、京都のれんの撥水トロマット生地は水に強いだけではありません。
シワにもなりにくいので、常にピンと張ったきれいな状態をキープできます。

また、高温にも強いので屋外で使うにはぴったりの性質です。特別な加工がされている生地ですが、
価格が格段に高くなるわけではなくリーズナブルです。

買いやすい値段

さらに納期も通常5日程度からなので、時間がかかるということでもありません。
必要な時に仕上がるように熟練の技で製作できるのは、実績があるからこその技と質です。

屋外で使う予定だったり、水が多い場所で置くなら必須の可能です。
ひと手間加えたのぼりで、宣伝効果を高めつつ天候の心配をせずに済むのはメリットも大きいです。

のぼりの中でもさまざまな加工がありますから、まずは相談すれば、意外と技術は
進歩していますので、対応できることも多いです。

まずはプロにイメージを伝えてみると良いでしょう。