のぼりの単価を安く購入する

できるだけ多くの人に自分のお店に来てほしいと思ったら、どれだけ多くの人にお店の存在を知ってもらうのかが大きなカギとなります。

雑誌やテレビなどで取り上げられるお店はほんの一部ですから、自力で宣伝しなくてはなりません。

存在感が大きくないといけないので、のぼり旗をたくさん使っているお店が多いです。
激安でかなり単価が安いのぼり旗を使う理由は、たくさん購入できることです。

のぼりが傷む原因

なるべくお店を目立たせようと思ったら、お店の前を通る人にアピールしましょう。
お店の目の前だけではなく、道路の反対側を歩いている人や車でお店の前を通りかかった人にも
アピールするとより集客力がアップします。

派手な看板も目立ちますが、お店の前まで来ないとわからないこともあります。
たくさんののぼり旗をお店の前に置くだけではなく、ガードレール付近に大量に飾れば
一気にお店の存在が大きくなります。

1本だけでも目立ちますが、たくさんあればあるだけよりそこにどんなお店があるのかがわかりやすくなるでしょう。

気が付いてもらうことが集客力アップには大事です。街を歩いていると、大量ののぼり旗を置いているお店を見かけませんか。
そういうお店のほうがお店の目の前に何も置いていないお店よりもずっと気が付きやすいでしょう。

しかも、激安ですからそれほどコストもかからなくて済みます。
低コストなのに多くの人に見てもらえるからこそたくさんのお店でよく活用されているのでしょう。

のぼり旗をまとめ買いするデメリットとは

店頭で風を受けてはためいているのぼり旗は、馴染み深い光景のひとつです。
のぼり旗は遠くからでもよく目立ちますし、たとえ体が当たったとしても、怪我をすることはありません。

そのため、車からも歩行者からも、目にとまりやすい広告材として、広く活用されているのです。
同時に、のぼり旗は常に日差しや雨風を受けていますから、それだけ痛みやすいものともいえます。

のぼりの単価が安い

いつまでも古くなったものを店頭においておくのもはばかられますから、消費財と割り切って、
定期的に交換することが肝心です。

しかし、いくら安いからといって、のぼり旗を安易にまとめ買いしてしまうと
意外なデメリットを被ることになります。

まとめ買いのデメリットとしてあげられるのは、使用できないのぼり旗を
大量に抱えてしまうことです。

一度に大量に購入するということは、当然ながら、まったく同じデザインのものが
届けられるということになります。

しかし、扱う商品やサービスといったものは、状況に応じて変わるものです。
そうなったとき、のぼり旗に変更前の商品名などが記載されていれば、
まったく使うことができなくなります。

これでは、安く購入するというメリットを、不良在庫というデメリットが
上回ってしまう事態となるのです。

そのため、まとめ買いするときは、店名など、なるべく使いまわしやすい
デザインを発注するようにしましょう。

注文の際には、デメリットもよく検討して、賢いのぼり旗の導入を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です